ホーム > ブログ > プロフィール
ベニシアの紹介

ベニシアインターナショナル代表のベニシア・スタンリースミスは1950年ロンドンで生まれました。生家はイギリスで貴族の館として知られるケドルストンホールです。ジャージー島やスペインやスイスで暮らした後、10歳の時ヒースフィールドという寄宿舎制の女子校で学びました。

19歳のとき、人生の本当の意味と目的を知りたいという思いで、イギリスを離れてインドへと旅立ちました。ベルギーからイスタンブールを経て、陸路インドに入った彼女は、ヒマラヤの麓にあるハリドワールという町に着きました。

そこはヒンズー教の重要な聖地であり、瞑想を教え多くの弟子を持つプレム・ラワット氏のアシュラム(瞑想道場)がありました。当時12歳であるプレム・ラワット氏の『真の幸せは、あなた自身の内側にあるのです。それを感じる実践的な方法が瞑想です』という明晰な教えに感銘した彼女は、師のもとで瞑想を学び8ヶ月を過ごしました。

1971年、「もっと東へ向かわねば」と感じた彼女は師に別れを告げ、そして香港を経て船で鹿児島に到着しました。東京や岡山で過ごした後、1978年に京都大学の近くに小さな英語学校を開きました。これが現在のベニシア英会話学校です。
1996年には大原の古い民家へ移り住み、ハーブガーデンを作り始めました。またハーブやライフスタイルに関する記事を雑誌や新聞に執筆し、広い分野の講演活動も行っています。

2002年にはNHK私のアイデアガーデニングコンテスト、ガーデニング部門で第1位を受賞しました。
2001年4月8日から2003年12月14日まで62回に亘り、京都新聞に「ベニシアの大原日記」を連載し、また2007年3月 「ベニシアのハーブ便り」−京都・大原の古民家暮らしーを出版しました。
また、英会話やガーデニングのテレビ番組にも出演しています。

ベニシアの夫、梶山正は山岳写真家です。1984年、ヒマラヤ登山の後、自分の行き方を捜す為にインドを放浪し、帰国後すぐに本格的なインド料理店DIDIを京都で始めました。
主に自然・山岳写真を専門とし、「ベニシアの大原日記」をはじめ、本HPの写真の多くも彼によるものです。
山岳雑誌に登山についての記事を連載し、登山ガイドブックなどの共著も多数あります。